特集コンテンツ
識者へのインタビューや、イベント訪問など「取材.jp」の編集スタッフが独自取材を敢行・レポート。

メールマーケティングCROについて

メルマガにこそCRO(コンバージョンレート最適化)

メールマーケティングCRO

Webマーケティングには、さまざまなO(最適化)があります。
SEO、LPO、EFO。今度のO(最適化)は、CROです。
CRO(コンバージョンレート最適化)。多くの企業がCROを提供しています。

ライトアップでは、メールマーケティングノウハウをCROに転用
メルマガ制作で培ってきたノウハウで、離脱を防ぎ、コンバージョンを引きあげます。


メルマガ制作ノウハウをCROに転用

メールマーケティングCRO

企業が発行するメルマガの最終目的(ゴール)は、さまざまです。
顧客育成や、休眠会員の掘り起こし、理解促進、販売など、BtoBでは、資料請求や、営業引き継ぎなどが、最終ゴールにあげられます。

メールを用いてゴールへの到達を最大化するには、メルマガならではのノウハウが必要です。

CRO(コンバージョンレート最適化)では、しばしばABテストが実施され、よりよい表現がブラッシュアップされていきます。ライトアップでもABテストを実施してコンサルから成果報酬でLP(ランディングページ)運用を支援するサービスを実施中です。ここにEF(エントリーフォーム)を最適化するサービスをプラスすれば、コンバージョンアップの期待が膨らみます。

メールマーケティングにおけるCROでもABテストは欠かせません。
このとき重要なのが、顧客DBからどのような抽出条件でA群、B群を抜き出すかということです。メルマガ配信リストと、コンバージョンさせたいポイントを見比べながら、抽出条件を絞り込む必要があります。
メルマガ制作、メールマーケティングを理解していないと条件出しを精度高くおこなうことはできません。


 

マニアックなノウハウがキモ

メルマガ制作のノウハウは、とてもマニアックです。
長年、企業のメルマガ制作を代行してきたライトアップだからこそのノウハウがあります。

配信リストから条件を抜き出し、A群、B群それぞれに向けたメルマガを制作。
開封率やクリック率などの結果を分析することで、コンバージョンアップを目指します。また結果を顧客DBからの抽出条件のブラッシュアップに活用。顧客DBの強化をはかります。

※メールマーケティングCRO(コンバージョンレート最適化)サービスには、オプションとして、メルマガに連動するランディングページ制作をご用意しています。もちろんEFOも可能です。

 


お問い合わせ