資料BOX
サービス資料をご案内

PDCAのDに強みを持つ会社

plan do check act 企業マーケティングにdoで応えるライトアップ


PDCA

 

潜在顧客の集客施策からはじまり、顕在顧客の送客・育成施策、物品販売、資料請求、情報拡散などなど、企業マーケティングに欠かせない施策の数々。

企業マーケティングでは、PDCA(plan-do-check-act)サイクルを高速で回すことが重要とされています。

企業マーケティングのPDCAの内、ライトアップが強みを持っているのは、D領域PDCAサイクルの[D]を支える具体的な実行力こそがライトアップの強みなのです。

 

たとえば、コンテンツライティング

社名に「ライト(Write)」を冠するほど、ライティング業務に注力してきました。

コンテンツライティングのノウハウは、メールマガジンや、SEOコンテンツ、ソーシャルメディア運営、ブログプロモーションに活かされています。

書くノウハウがあるからこそ、PDCAサイクルの[D]をサポートできるのです。

 

たとえば、コンテンツ運用

企業マーケティングの一環で、「オウンドメディアを立ち上げる」「キュレーションメディアをはじめる」「ネイティブ広告で潜在顧客にアプローチ」など、さまざまな目的でコンテンツが運用されています。
コンテンツ運用でしばしばネックになるのがランニング。

「立ち上げてみたが稼働超過」など、ランニングコストとの葛藤がコンテンツ運用にはつきものです。

ライトアップは、企業サイトのコンテンツ制作をつうじて、さまざま運用ノウハウを蓄積してきました。

企業マーケティングの[D]を支えてきた運用ノウハウをご活用ください

 


お問い合わせ